当たる占いである事は重要ではない

信じるものは救われる。そんな事は占いでは通用しないことだし思っている人もいるでしょう。当たる占いであるかということが占いでは一番大事なことだと考える人もいると思います。
しかし、運勢や運命といった未来に起こることを占なうわけですから、当たる占いかどうかをその場で判断することは出来ないわけです。それに、当たる占いだとしても、必ずそうなるというものではないわけです。占いは予知ではないのですから、どう行動していくかによって変わっていくものです。ですから、当たる占いでもその通りにならないことも多いわけです。
恋愛占いのように比較的はっきりと答えが出るような場合、占い通りだと思えるようなこともあるでしょう。しかし、漠然とした出会いを占なわれたとしても、その占いが当たっていたかどうかわからないようなことも多いでしょう。出逢えていたのに気がつかなかったとか、チャンスを逃したというようなことになる場合もあるわけです。
要するに、占い当たるというようなことはそれほど意味のないことだということです。問題なのは占いの結果を聞いてどう行動をするかということです。だとしたら、たとえ占いの結果がどうだったとしても、要するに良いことでも悪いことでも、どちらでも気にする必要はなくなるわけです。
気にする必要がないというのは、単純に一喜一憂する事はないということです。どんな答えであったとしても、良い方向に進むように考えると良いと言うことなのです。
占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦というくらいですから答えが現実に必ずなるわけではないのだということを理解できていれば、上手く活用できるということです。そして、そう考えられる人だけが、占いをしてもらうべきだといえるでしょう。特に、真剣な問題を占なってもらいたいというような場合は、そんなスタンスで占いとは向き合う必要があるということです。

当たる恋愛占いランキング